家賃収入とは?

リスク回避における手段が重要なのは不動産投資も変わりません。そもそも不動産とはどのような対象物のことなのでしょうか。不動産とは、いわゆる所在が『不動』のものを指しますが、それには土地や建設物などが含まれます。土地の価値というものは変わりにくいですから、不動産投資を行う事が出来るのですが、いわゆるマンションなどへの投資も不動産投資となります。

例えば、これから新規の入居者が期待できる都心のマンションがあったとして、投資を行ってそこのオーナーになるなら、安定的に家賃収入というものを得ることができます。その収入が長期化すれば、それによって資産形成をすることができます。最初は初期投資分があるのでどちらにしてもマイナスとなってしまいますが、数年でその元が取れる計算であるならば良い投資を行った、と言えるかもしれません。

しかし逆に、投資する対象を間違えてしまい、思ったように収入が得られないと、投資は失敗に終わってしまうかもしれません。また、問題のある物件を購入してしまうこともあります。他の投資方法とも同様に、不動産投資にもリスクがあるという点を理解していなければなりません。そのリスクを回避するためにも知ることが必要です。