戸建賃貸の不動産投資

戸建て賃貸住宅に投資する時には、方法として『新築』の物件か、『中古』の物件か、という点がポイントとなります。何故それがポイントとなるのでしょうか。まず、家賃収入を得るためには、その新築の物件に関して多くの人に知ってもらわなければなりません。そして、新たな入居者を得ることによって販促活動を行う必要があります。

参照資料〔新築戸建賃貸住宅の不動産投資 – 投資の窓口〕

まずこれが、考えられる大きなリスクの一つです。中古の物件であれば、その販促分のコストを削減することができる、という利点があります。新築の物件というのは、購入する時には、どのような物件であっても全体における平均はどれだけ年数が経過してもほとんど変化しません。しかし、中古の物件は年数が経つにつれて減少傾向にありますから、その点でも利益は得やすい、と言えるでしょう。よりリスクを避けたいのであれば中古でマンションを購入するという手段を取ることができます。

投資はそのリスクと収入、どちらの面も併せて考えなければなりません。今の状況だけを見ていれば投資を行う事はできません。長期的な利益を見て行わなければならないのです。投資はリスクの伴うものですからぜひより行いたい投資に関して知ったうえで、行いたいですね。